So-net無料ブログ作成
検索選択

ウェッジとクリートの相性 [機材]

先日ご来店頂いた、T様。
いつもの様に順調にフィッティングが進み、膝軌道を修正する為にクリートとの間にウェッジを挟み込み、再び乗車して頂こうとすると、
大抵のお客様がそうな様に、角度がついたクリートになったので始めは嵌め辛いもので、T様はやはりクリートキャッチに苦労されておりました。
普通は何度か乗り降りして頂いているうちに慣れてキャッチできる様になるのですが、
中々出来ない上に、力づくで嵌めるしか術が無く、クリートとウェッジがズレてしまう現象が毎回。
これは変だなと思い、お客様のシューズをお借りして自分でも嵌めようとしますが、これは出来ない。
試しに自分のシューズで(クリートがSPD-SLで同じ)試すとパチンとすんなり嵌ります。
つまりペダル側には問題が無いと判断。
怪しいのはクリート、自分のSPD-SLのクリートはイエロー
お客様のはSPD-SLのブルー。
試しに使い古したイエローをお客様のシューズに装着して試して頂くと、パチンと問題なく嵌めていただけます。
原因がわかりました!
image2.JPG
どうやら爪先を固定するブルークリートとウェッジとの相性が悪いようです。
使い込まれていたのもあり、特にブルーのクリートに拘りも無いとの事なので、
新品のイエロークリートに交換を致しました。
すると、気持ち良くパチン、パチンと問題なくキャッチ。
この後は順調にフィッティングを完了できました!
image3.JPG

SPD-SLのイエロークリートは当店で新品のご用意がありますので、
ボロボロの場合は新品への交換をお勧めしております!
また新品クリートのお持ち込みも全然構いません、
せっかくなのでフィッティングの際に新しいクリートで気持ちよく走りましょう!

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:moblog

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0